風俗トラブルのご相談

風俗トラブルの相談内容は多岐に渡りますが、特に多いのは、「恐喝・脅迫絡みの風俗トラブル」です。最近では、デリバリーヘルス(通称:デリヘル)で本番行為をして、お店から罰金や示談金、慰謝料・損害賠償名目でお金を要求されるトラブルが後を絶ちません。

また、その他にも風俗店で盗撮や盗聴をしたことがばれてトラブルに発展したり、本番強要をネタに脅されるなどの風俗トラブルもよくあります。

しかし、本番行為やその強要、盗撮は立派な犯罪です。

風俗トラブルにおいては、被害者自身が法律や規則に違反しているケース(強姦・児童買春・援助交際・売春防止法等)も多々有り、表沙汰にできない事案が多いのが現状です。

そして、風俗トラブルの被害者が同時に犯罪加害者でもある場合、
「警察に被害届を出してやる」
「強姦で捕まって一生台無しになるぞ」
「女の子が傷ついたから慰謝料を支払え」
「家族や会社にばらすぞ」
等、身も縮むような台詞で恫喝してきます。

昔から、風俗トラブルの陰に暴力団有りと言われており、暴力団が関係したのニュースも数多く報道されている昨今、恐怖を感じるのは当然のことでしょう。

しかし、脅しに屈して一度お金を支払ってしまうと、とめどなく金銭の要求を受けることになり兼ねません。何故なら相手方は、「家族や勤務先に風俗トラブルを起こしたことを知られたくない」といった被害者の最も痛い部分をよく理解しているからです。

では、「周囲の者に知られずに」解決するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

風俗トラブルを早期に、且つ、秘密裏に解決する為には
「トラブル発生後の相手方の行動パターンを知っていること」
「その行動パターンを理解した上で、迅速に解決するためのノウハウを知っていること」
「民事事件の取り扱いのみならず、刑事事件に対応できる職権(弁護士資格)をもっていること」
上記3点が必要となります。

裁判(訴訟)や警察沙汰にしてでも徹底的に風俗店や風俗嬢と戦う方針をとるのではなく、穏便に、誰にも知られることなく解決を望むのであれば、風俗トラブル弁護士相談センターにまずはご相談下さい。
デリヘルやヘルスでの本番トラブル、盗撮トラブル等の恐喝脅迫を伴う案件を多数解決してきた実績と自信が必ずあなたの力になります。

起きてしまった事を悔やむより、今何をすべきかを考えて下さい。
相談する勇気が解決への一歩です。お気軽にご相談下さい。

よくある風俗トラブルの相談例

風俗トラブル相談を考えるにあたり、まず、どのような内容の相談があるのか把握しておく必要があります。

代表的な相談例としてはやはり、デリヘル等の風俗店で本番をして恐喝されたケースです。このケースにおいては、風俗嬢の承諾を得ずに行為に及ぶ事が殆どであり、その場合『強姦罪』等の刑法上の罪にとわれる可能性もあります。

逆を言えば、店や風俗嬢としてみれば、『この上ない恐喝の絶好の機会』となるわけです。
何故なら、『金を払わないなら警察に強姦の被害届を出す』と胸を張って主張できる優位な位置にいるからです。

次に多い風俗トラブル相談例としては、性行為を盗撮して恐喝されるケースです。近年、携帯電話のカメラや動画撮影機能が大幅に向上しているのも、「魔がさして」盗撮してしまうことに拍車をかけているようです。

トラブルを起こして初めて事の重大さに気付きご相談に来られる方が多くいますが、まずは自分が犯してしまった罪を認識し、『今、自分は何を守るべきか。その為には何をしなければならないか』を考えなくてはなりません。

  • デリヘルなどの風俗店で本番行為をしてしまい、法外な罰金や慰謝料を請求されている
  • 盗撮や本番強要をしたら、身分証(免許証・保険証等)と会社の名刺を取り上げられた
  • 暴力団関係者(やくざ)からの執拗な嫌がらせがある
  • デリヘル等の風俗嬢の親から児童買春を理由として示談金を要求されている
  • 店外デートがばれて風俗店から高額な罰金を請求されている
  • お店を辞めたいと告げると、「辞めるなら家族にばらす」と脅迫されている
  • 第三者に相談したことがて事態が悪化してしまった

風俗トラブル相談は弁護士へ

風俗トラブルの相談所といって思い浮かべるのは、まずは警察ではないでしょうか。

トラブルを起こすと、風俗店側から脅迫めいた言動を受けたり、凄まれるなどの精神的圧迫を加える言動をされて怖い思いをする事もありますので、警察への風俗トラブルの相談を考えるのは当然ではあります。

しかし、風俗トラブル相談に来られる方の中には、自ら警察に行けない事情を抱えている場合が多いのも事実です。 女性の同意を得ずして本番を強要すれば、警察に相談に行くことがイコール、自ら犯した罪の自首となる場合があるからです。

風俗トラブル弁護士相談センターに来られるご相談者様の中には、法に抵触する行為をしていながら開き直っている人もおられますが、大抵の方は、自らが犯した罪を認め深く反省しながらも、藁をもつかむ思いでご相談に来られます。家族や仕事など、失いたくない大切なものがある方にとって、警察への相談を躊躇してしまうのも仕方のない事かもしれません。

家族や勤務先に知られずに解決したい方、何も怯えることなく元の生活に戻したい方は風俗トラブル弁護士相談センターにご相談下さい。

風俗トラブル弁護士相談センターでは、豊富な経験と実績に基づく方法により、弁護士が迅速且つ確実にトラブルを解決に導きます。

風俗トラブルは時間との勝負です。悩んでいてもトラブルが進行し、事態の悪化を招きます。
相談する勇気が解決への一歩です。お気軽にご相談下さい。

風俗トラブルメニュー