風俗、特に女の子を店外に呼び出してサービスを受けるデリバリーヘルス(デリヘル)の場合は、お店に電話する以上、携帯番号を知られることは必至です。

しかし、この携帯番号ですが、実は、個人情報を簡単に割り出すことができるツールであることは世間ではあまり知られていません。

トラブルを起こさなければ、風俗店もわざわざお客の携帯番号から氏名や住所といった個人情報を調べることはしませんが、ひとたび風俗トラブルを起こすと、店によっては携帯番号からお客のあらゆる情報を調べて、金銭を取り立てる目的で接触を図ってくることもあります。また、風俗嬢やその交際相手等もそのような手段でお客を追ってくることもままあります。

では、デリヘルなどの風俗店や風俗嬢はどのようにして携帯番号から風俗店利用者の個人情報を割り出すのでしょうか。また、個人情報の割り出しを防ぐ方法なども詳しく解説していきます。

風俗店が携帯番号から個人情報を割り出す方法

風俗店が個人情報を割り出すといっても、実は、彼らが自分達で調査して判明させているわけではなく、第三者に依頼して調査してもらった結果、知ることができているだけです。

そして、この第三者は2種類の職業と関わってきます。

1.弁護士に依頼する

弁護士は、職権で、携帯番号からその携帯回線の契約者情報を調べることができます。

具体的には、弁護士法23条の2に基づき、弁護士照会制度を利用して携帯会社(au,docomo,softbank等)に携帯回線の契約者情報の開示を求めます。

弁護士法23条の2

  • 1.弁護士は、受任している事件について、所属弁護士会に対し、公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることを申し出ることができる。申出があつた場合において、当該弁護士会は、その申出が適当でないと認めるときは、これを拒絶することができる。
  • 2.弁護士会は、前項の規定による申出に基き、公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることができる。

弁護士照会制度とは、弁護士が受任した案件につき必要な情報がある時は、その弁護士が所属する弁護士会を介して、公的・私的団体を問わず、その保有する情報を開示するよう求めることが出来る制度です。

外部参考サイト:弁護士会から照会を受けた皆さまへ

例えば、デリヘルのお客がラブホテルで本番行為や盗撮をして風俗嬢とトラブルになり、風俗嬢がお店の男性スタッフをホテルに呼んで到着するまでの間に逃げた場合などは、そのお客の携帯番号しか分かりません。

そのような場合に、弁護士にお客への損害賠償や慰謝料の請求を依頼すると、弁護士がその携帯番号を保有する携帯会社に弁護士照会をかけ、判明した風俗のお客の氏名や住所を元に内容証明郵便を送りつけたり、訴状がお客の家に届いたりするのです。

2.興信所や探偵から情報を買う

信じがたいことかもしれませんが、インターネットで調べると、携帯電話番号から氏名や住所といった個人情報を調べるサービスを提供している興信所や探偵事務所のWEBサイトが散見されます。

実際に、下記キーワードでネット検索してみましょう。

「携帯番号 データ調査」

様々なサイトで、携帯番号から氏名と住所の割り出しサービスを行っていることがお分かりいただけると思います。

安いところでは、1万円台でそのような個人情報調査を取り扱っています。

さらに、こういった探偵事務所や興信所は、携帯番号から判明した氏名と住所から、勤務先、生年月日、家族構成等々、あらゆる情報を調べて販売する商売も行っているのです。

実は、風俗店がトラブルを起こしたお客の個人情報を割り出す際に利用するのは、弁護士に依頼して調べる方法ではなく、99%といえるほど、こちらのデータ調査を利用しています。理由は後ほど説明します。

なお、興信所や探偵事務所が、どのようにして携帯番号から個人情報を割り出しているかといった点ですが、これは、興信所や探偵事務所が調べているのではなく、彼らは「データ屋」と呼ばれる情報売買業者から情報を購入し、それに金額を上乗せして販売しているに過ぎません。

また、データ屋というのは基本的には一般ユーザーに直接情報を販売するのではなく、間に興信所や探偵事務所を噛ませています。データ屋がどのような方法で人の個人情報を割り出しているかについてはここでは説明を控えさせて頂きます。

なぜ、風俗店関係者は、弁護士ではなく興信所や探偵に携帯番号調査を依頼するのか

理由は簡単です。弁護士に依頼すると多額のお金がかかるからです。

一見すると、弁護士に頼んで、本番行為や盗撮をしたお客に高額な慰謝料や損害賠償金を支払わせれば、弁護士費用もペイできるかのように思えます。

しかし、風俗店や女性に相場を超える慰謝料や賠償金を払ってはダメな理由で解説の通り、風俗店が訴訟を起こしたところで、お客から賠償金をとることはできませんし、風俗嬢もせいぜい5~10万円程度の金額しかお客から貰うことはできません。

にもかかわらず、弁護士費用(相場としては着手15万~ その他成功報酬)を支払ってまで依頼する意味はありません。

それに対し、興信所や探偵に依頼すれば、非常に低額な料金で風俗のお客の個人情報を知ることができます。

そして、法律云々を抜きにして、その知りえた個人情報をネタに、罰金や示談金名目でお客を脅し、延々と金銭を搾り取るのが常套手段となっております。

風俗トラブルの最大のウィークポイントは、家族や職場等の周囲に風俗で問題を起こしたことを知られたくないといったお客の心理をつかれて、悪徳風俗店や風俗嬢から恐喝まがいの取立てをされることです。

風俗店関係者はそのウィークポイントを熟知していますので、まず真っ先に、安価に個人情報を手にすることができる興信所や探偵を利用するのです。

風俗店や弁護士から連絡が来た時の対応方法

弁護士から連絡が来た場合

もし、弁護士から弁護士照会制度を利用して、携帯番号から個人情報を割り出された場合でしたら、大きなトラブルに発展する可能性は低いので、むしろ安心できる状況といえます。

なぜなら、携帯番号から個人情報を割り出すことだけを目的として弁護士に依頼することはできないからです。

弁護士が弁護士照会制度を利用して個人情報を調べることは、あくまでも、法律行為の代理について依頼を受け、その依頼目的を達成させる範囲で補助的に利用できるにすぎません。

つまり、風俗トラブルにあてはめると、本番行為や盗撮を行ったお客に対して法的な責任追及をする代理権を与えられた弁護士が、必要な範囲で携帯番号から個人情報を調べるにすぎません。

この場合、判明した風俗のお客の個人情報を、依頼者である風俗店関係者に弁護士から伝えはしますが、弁護士を立てた以上、風俗店側はその判明した住所等に押しかける等の悪用は弁護士から厳しく止められます。

さらに、風俗のお客の住所や勤務先に押しかけたりすることを最初から予定しているのなら、わざわざ高額な弁護士費用を払わずとも、探偵や興信所に安価な値段で個人情報調査を頼めばいいだけです。

弁護士に依頼した時点で、法律に則ってお客に責任追及しようという姿勢が現れているといえるでしょう。

ですので、弁護士によって携帯番号から個人情報を割り出されても、風俗のお客側としても慌てることなく、自分も弁護士に依頼すれば、互いの弁護士同士での話し合いの方向に進むので、家族や職場に嫌がらせの連絡等がある心配もなくなるのです。

風俗店関係者から連絡が来た場合

風俗店や風俗嬢、或いはその関係者からしつこく電話が来るので着信拒否にしたところ、後日ショートメールで自分の本名や住所が記載されたメールが届いた。怖くなって携帯番号を変えたり、回線の解約をしたところ、数日後自宅に内容証明郵便が届いた。自宅まで押しかけられて何度もチャイムを鳴らされている。といった相談が日々あります。

こういった場合は、既に探偵や興信所経由で個人情報を調べられた後ですので、早急に対応する必要があります。

なぜなら放置しておくと、家族がいるかたは妻や子供に、会社勤めの方は職場に風俗でのトラブルをばらされるなど、今後の平穏な生活に支障をきたす嫌がらせに発展する可能性があるからです。

弁護士に依頼するよりは遥かに低額とはいえ、費用を払ってまで氏名や住所を調べ上げているわけですから、そう易々と引き下がってくれない状態であるとも言えます。

本来は、個人情報を調べ上げられる前の、風俗トラブルが起きてしまった時点で早急に専門の弁護士に対応を任せるべきですが、このような事態に陥った場合でも当法律事務所では迅速に対応して解決できますので、お気軽にご相談下さい。

風俗店に知られた携帯番号からの個人情報割り出しを防ぐ方法

風俗で本番や盗撮をして、店の男性従業員から脅されるのが怖くてその場から逃げたところ、執拗に携帯に着信が入る。

或いは、何事もなくサービスを終えたのに、あとで、風俗店や風俗嬢から、「女の子が本番強要をされたと泣いて事務所に帰ってきた。話がしたいので事務所に来い」「生理が来ない。あなた以外に本番もしてないし、妊娠の責任をとってもらう」等の電話が入ることがあります。

もちろん、相手の言うがままに出向くと、高額な罰金や慰謝料、示談金等を支払わされる羽目に陥ります。

しかし、それが怖くて逃げ回っていれば、風俗店関係者が携帯番号から個人情報を調べて自宅に押しかけてきたり、勤務先に何度も執拗に電話をかけてくる事態に発展する可能性もあります。

そこで、風俗トラブルを起こしたお客が思いつくのが、携帯回線の解約だと思いますが、上で説明した、個人情報の調査を取り扱っている探偵や興信所では、「解約携帯番号からの個人情報の割り出し」も行っています。

実は、生きている回線(解約されていない電話回線)よりも、解約済みの回線の方が個人情報の判明率が高いと言われております。

風俗トラブルを起こしたからと言って安易に携帯回線の解約を行うことはお勧めできません。

そして、携帯電話番号を変更することも同様に意味をなしません。なぜなら、変更前の番号と契約者情報が紐づいた状態で残されているわけですので、結局は判明してしまうからです。

では、どうすれば携帯番号から氏名や住所の個人情報が流出することを防げるのか。

それは、その携帯番号と紐づいている個人情報を上書きさせれば良いだけです。

具体的には、風俗トラブルを起こした際に知られてしまった携帯回線の名義を自分以外に変更することになります。

例えば、東京で風俗トラブルを起こした際に、風俗店関係者に個人情報を調べられる前に、北海道や沖縄等の遠隔地の人に頼んで携帯の名義変更手続きをしてしまえば、判明して出てくる氏名や住所は、新しい名義人のものになります。

遠隔地であれば、仮に住所が判明したとしても風俗店関係者が押し寄せてくるリスクが低下します。

しかし、遠隔地に頼める親戚や友人がいない、或いは仕事が忙しくて遠方まで行く時間もない、親戚や友人を巻き込むわけにはいかないしそもそも風俗でトラブルを起こしたことを人に言えないといった方もいると思います。

そのような場合には、当弁護士事務所にお気軽にご相談下さい。