デリヘルの店長がトラブルを起こしたお客に指差しをして怒鳴りつけている

デリヘルトラブル(ここでは、待ち合わせ型ヘルス等の店舗を離れてサービスを受ける風俗全般をデリヘルと称しています)は、風俗トラブルの中でも群を抜いて多いのが実情です。

なぜデリヘルではトラブルが起きやすいのでしょうか。

箱型と呼ばれるファッションヘルスやソープランドなどの風俗のサービスは、風俗店スタッフがすぐ側にいる店舗内のサービスルームで行われます。それに加え、デリバリーヘルスは、自宅やラブホテル、レンタルルームなどの「店舗から離れた場所」でのプレイとなります。

つまり、店から距離が離れる事になるため、気が緩んで羽目を外した行動をしてしまうお客が多いのです。

これはなにもお客に限ったことではなく、デリヘル嬢自身も、「店のスタッフの監視がない」という開放感から、店の規約で禁止されている行為に及んでしまい、結果トラブルに発展してしまうこともあるのです。

そこで、デリヘル特有の、気の緩みや開放感から引起こされるトラブルの例についてみてみましょう。

デリヘルトラブルその1:盗撮

店舗型風俗店の場合は、女性がスタンバイしている部屋に後からお客が入っていくことがほとんどなため、性行為を盗撮するための機材(隠しカメラ・スマホ等)を設置する隙がありません。

それに対し、デリヘルの場合は、自分が居る場所に後から女性を呼ぶわけですから、性行為がはっきりと映るような場所に事前にカメラを仕掛けることができるため、魔が差して盗撮行為に及んでしまうことが多いのです。

参考:風俗で盗撮がばれた!【悪徳店にだけ】弁護士を介入させれば良い理由

デリヘルトラブルその2:本番行為

ヘルスなどの店舗型風俗店は、従業員の監視の目が行き届く店内のサービスルームにてプレイするのに対し、デリヘルの場合は従業員が側にいないラブホテルや自宅などで性的サービスが行われます。

そういった状況から心理的に気が緩み、羽目をはずして本番行為で問題を起こすことが多いといえます。

また、デリヘル嬢も、店舗の監視の目から遠ざかるために、お客からの本番行為の誘いに応じてしまう場合も少なくありません。次回から指名してもらうためであったり、別途料金を貰って小遣い稼ぎにしたりと理由は様々です。

実際、ファッションヘルスなどの箱型風俗店では、デリヘルなどの派遣型風俗と違い、店自体が本番行為を厳しく禁止しているケースが多いといわれています。

理由としては、店舗内で本番が行われているとなると、警察の捜査の際に、「管理売春」として厳しく取り締まられる可能性が高いからです。それに対して、店外で性的サービスが行われるデリヘルの場合は、「女の子が外で勝手にお客と本番していただけで知らなかった」といった言い訳が通用しやすいので、店側も風俗嬢がラブホテルやお客の自宅で本番をしていることを薄々感づいていても見てみぬ振りをすることが多いのです。

このように、デリヘル嬢からしてみても店舗型風俗店に比べて本番行為がしやすいといった点から、お客の要望を飲んで本番に至ることも少なくありません。

結果、これまでの経験から、「デリヘル嬢は本番を許してくれる子が多い」「今まで遊んだ子は大抵の子が本番を許してくれたから、この子も大丈夫であろう」と思い込んだお客が、同意もないのに本番行為をしてしまいデリヘルトラブルに発展するのです。

参考:風俗の本番が引起こす4つのトラブルと本当にあった本番トラブル実例

デリヘルトラブルその3:妊娠

上記で、デリヘルでは本番トラブルが生じやすいと解説しましたが、当然ながらそれに比例して妊娠の問題も起こります。

本番と妊娠は密接に関係していますが、仮に本番につきデリヘル嬢の同意があったとしても、妊娠させてしまうと、中絶費用や慰謝料の請求、最悪のケースでは出産→認知請求→養育費の支払といった事態も生じうるので注意が必要です。

参考:風俗嬢を妊娠させた時の4つの問題点と【失敗しない】3つの対処法

デリヘルトラブルその4:店外デートがばれて店から罰金請求

デリヘルのお客の中には気に入った子を何度か指名するうちに、お店を介さずに直接遊ぶことを提案してくる人もいます。

一般的なデリヘルでは、売上の4割~5割がデリヘル嬢の取り分で、残りは店の利益となります。これを、店を介さずに女の子と直接遊べば、女の子は店から売上を抜かれないため、一人のお客で約2名の男性に性的サービスをしたのと同じ金額を得られます。

男性客がこのような振る舞いをする理由としては、気に入ったデリヘル嬢に少しでも得をさせて好かれたいといった下心であったり、店を介して女の子を呼ぶとサービス時間が厳格に決められているのと違い多少長めのサービスが受けられるといった利点などがあげられます。その他、直ぐにホテルに直行するのではなく、一緒に食事してからホテルに行くなど恋人気分を味わいたいといった人もいるようです。

しかしながら当然、店は店外デートを規約で禁止しています。売上が減少する行為を見逃して放置しておくわけがありません。

もし店外デートが発覚すると、男性客とデリヘル嬢双方ともに店側から高額な罰金を請求されるトラブルへと発展するのです。

参考:風俗店の罰金請求は拒否!罰金支払が不要な明確な理由を弁護士が回答

デリヘルトラブルその5:男性客のストーカー化

何度も申し上げている通り、デリヘルはヘルスやソープなどの店舗型風俗店のように、店のスタッフが側にいない状態で二人きりで女の子とひと時の性的サービスの時間をすごします。

あくまでも、お金を払ったその対価としてサービスを受けているのですが、店の監視がない状況で女の子と二人でいることで、まるで恋人になったかのような錯覚に陥ってしまう男性もいます。

もちろん、デリヘル嬢の色恋営業もその心理に加担しているのかもしれませんが、「客と風俗嬢」という枠をはみ出して一人の女性として好きになってしまい、結果、その気持ちが受け入れてもらえないとストーカーと化して、女性にしつこく連絡したり、ネットに誹謗中傷を書き込んだりと暴走していきます。

参考:風俗嬢がストーカー被害にあったときの4つの対処法と3つの予防法

デリヘルトラブルの問題点

本番行為や盗撮でトラブルになると、デリヘル嬢が店に連絡をして男性スタッフが駆けつけてきます。ラブホテルやビジネスホテルに呼んだ場合でも、ホテル近くに送迎ドライバーが待機していることが多いですし、また、自宅にデ呼んだ場合には、逃げようがありません。

とはいえ、デリバリーヘルスの場合には、箱型(店舗内でサービスを受ける風俗店)のように叫べば直ぐにでもスタッフが部屋に飛び込んできて助けてくれるような状況ではありません。

ですので、デリヘルで本番や盗撮トラブルが起きた際は、その場で騒ぎ立てないようにお店から教育されています。体格差のある男性を前に騒ぎ立て、女の子の身に危険が及ぶ可能性を考えれば当然のことでしょう。

そこで、大抵の場合、何事もなかったかのようにサービスを続けるか、中断したとしても、穏便な態度でお客に接するように女の子は行動します。そして、シャワールームやトイレから、お客に気付かれないように携帯電話で店に連絡をしてスタッフを呼ぶのです。

では、ホテルやレンタルルームにスタッフが駆けつけて来なかった場合で、後から風俗店から電話があった場合には、無視していればよいのでしょうか。

たしかに、風俗での本番や盗撮は犯罪として警察に逮捕されるか【弁護士が解説】で記載の通り、本番や盗撮で警察に逮捕される可能性は非常に低く、また、罰金請求も応じる必要はありません。

参考:風俗店からの罰金請求は拒否!支払が不要な明確な理由を弁護士が回答

しかし、実は多くの方が知らないのですが、デリヘル特有の大きな問題点が残ります。

それは、「個人情報を調べようと思えば知られてしまう状況にある」ということです。

当弁護士事務所には日々多くのご相談がありますが、その中でも特に多い相談として、「携帯番号しか知られていないのに、後日、風俗店関係者が自宅に押し掛けてきた」「勤務先に嫌がらせの電話があった」といった内容のものです。

なぜ携帯番号しか知らないはずなのに自宅の住所や勤務先が分かったのでしょうか。

店舗型の風俗店と違い、デリヘルを利用する際には必ず店に電話をします。その際に、番号非通知で電話すると、「番号を通知したうえおかけ直し下さい」といったアナウンスが流れます。

これは、いたずら防止や、お客の管理(以前お店を利用した事があるか・どの女の子を指名したか等)が本来の目的ですが、本番強要や盗撮などを行ったお客の個人情報を特定する目的で利用される事もあります。

なぜ、風俗店は携帯番号から個人情報を割り出せるか知っていますか?で詳細に説明していますが、携帯番号から名義人の住所や氏名を調べることは容易で、さらに勤務先を判明させることもできるのです。

 

「お金を取れる」と踏んだ相手に対しては、徹底的に個人情報を調べ、執拗なまでに金銭の要求をしてくるの風俗店が多く存在するので、単に無視する・逃げるだけの行為では根本的な解決にはならないのです。

デリヘルトラブルの対応は弁護士へ

デリヘルトラブルが後に大きな問題を引き起こす要因は、このように、『知らぬ間に自分の個人情報をさらけ出してしまっている』点にあります。

携帯番号しか知られていないから大丈夫だろうとたかをくくっていたところ、突然風俗店から自宅や勤務先に電話をされ、取返しのつかない事態に発展してしまうケースもけして少なくありません。

もちろん、警察からの事情聴取目的での呼び出しや、逮捕などの最悪の事態も考えられ、その他、デリヘル店が弁護士をたてて訴訟を起こしてくるケースも皆無ではありません。

デリヘルトラブルは放置するのではなく、『如何に早急に対応するか』が解決の鍵となります。

当弁護士事務所では、長年の経験と実績に基づく独自の方法によりあらゆるデリヘルトラブルに対処できます。

また、法律交渉が必要な場合には、解決実績が豊富な弁護士が対応させて頂きます。デリヘルトラブルは時間との勝負です。悩んでいてもトラブルが進行し、事態の悪化を招きます。

相談する勇気が解決への一歩です。お気軽にご相談下さい。